一度は見学してみたいモデルハウス!見学の前にモデルハウスの基本を見ていこう

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てるとき多くの人々が利用する住宅展示場にあるモデルハウスの基本を幅広くご紹介しています。
一般的に、住宅展示場はある程度家づくりの情報を集めてから出かけることで、見学するべきポイントや出かける際に持参すべきものの種類などを把握することができるようになります。
また、家族連れで出掛けるとお子さんにはプレゼントが用意されていることも多いので週末などを利用して全員で出掛けるのもおすすめです。

一度は見学してみたいモデルハウス!見学の前にモデルハウスの基本を見ていこう

モデルハウスは、住宅展示場に建築が行われたハウスメーカーの家、家づくりへのこだわりやそれぞれの会社の特徴などモデルハウスを通じて把握ができます。
展示会場にもよりますが、数社から数十社がモデルハウスを一つの会場内に建設しているので、事前に見学したいハウスメーカーを調べておくのがおすすめです。
また、複数の見学を希望する場合は優先順位を決めることも大切、1日で見ることができる軒数は限りがありますので計画を立てると良いでしょう。

まずはモデルハウスの基本をおさえよう

住宅展示場に建てられている多くのモデルハウスは、それぞれのハウスメーカーが販促をするための広告塔のような役割もあることから、一般的な住宅とは異なる点もあります。
モデルハウスの基本的特徴をしっかりとおさえ、よく理解した上で見学に訪れると良いでしょう。
最も目を引く外観は、そのハウスメーカーの最上級のグレードの粗大で仕上げられていることが多いというのがモデルハウスの特徴です。
デザインも工夫されており、広く大きな空間を感じさせる外観に仕上げられています。
実際に内部もかなり広く、各部屋に備えられた家具などの調度品もインテリアコーディネーターの手が入っているためにたいへんスタイリッシュに見えることでしょう。
設備や間取りの工夫なども随所に盛り込まれていますので、実際の住宅建設の良いヒントとなることも特徴です。
一方で、それらをすべて盛り込んだ住宅を建てた場合にはかなりの費用となりますので、どの部分を取捨選択するかをチェックするつもりで見学することがベストです。
気になる部分は見学時に写真撮影をしておくと、後々に役に立つこととなります。
各社のモデルハウスには基本的にスタッフが配置されていますので、質問をしたり相談をしたりすることもできます。

モデルハウスにはメリットがいっぱい!

ハウスメーカーが自社の住宅を展示しているのがモデルハウスです。
そのハウスメーカーを検討している人のほとんどが、一度は見に行くものです。
そんなハウスメーカーのモデルハウスは、分譲地で販売されていることがあります。
それを購入することには数多くのメリットがあります。
まず購入費用が抑えられる点です。
築年数が経ってるため、一般的な新築一戸建てよりも割安に販売されています。
憧れのモデルがあるけれども、予算が足りない人にはうれしい選択肢でしょう。
次に住宅設備のグレードが高いことです。
モデルハウスは販売促進目的に建てられているため、その住宅が立派に見えるように、設備が豪華になっています。
キッチンやお風呂のユニットもハイグレードなものが入っており、それをそのまま使うことができます。
さらに住宅によっては、ハイスペックな家電まで付いてくることがあります。
最後に入居までにかかる時間と手続きが少ないことです。
間取りや構造に不満がないならば、話がはやいところのほうがいいでしょう。

モデルハウスにはデメリットもある

モデルハウスは、分譲地にすでに建ててある家だったり、住宅展示場で見学のために建てられている建物の事をいいます。
このモデルハウスは購入して住むことができます。
価格が安いことや、設備が一緒についてくるなどのメリットも多いですが、問題点もあります。
まず、物件としては一年以上人が未入居であるということが当てはまってしまうので、新築に該当せず、中古物件の取り扱いになります。
そのため「住宅瑕疵担保責任」に加入できない場合があったり、一緒に付いていた備え付け家具や電化製品の保証期間が短くなってしまうというケースもあることを理解しておかなければなりません。
また、モデルハウスは期間中たくさんの人が来場しますから、家具や設備や家に傷がついていることもあります。
その他にも人気物件であると抽選になってしまったり、分譲地であれば立地が選べないことや基礎部分が見られない、住宅展示場の場合でも家に合わせた土地が必要になるなど様々な課題があることは事実です。
メリットの多いモデルハウスですが、このようなデメリットもあるということは考慮しておくべきでしょう。

モデルハウスが見学できる日はいつ?

大手のハウスメーカーや地域密着型の工務店は、情報発信や相談場所としてモデルハウスを活用しています。
特にハウスメーカーの場合には、ほぼ年中無休に近い体制で顧客のニーズに対応しています。
しかし地元の工務店の多くが、土曜日と日曜日のように見学できる時が限られているのが実情です。
したがってモデルハウスを訪れる前に、見学可能なスケジュールを確認するのが望ましいです。
そしてじっくりと内部を見たいときには、予約してから見学することも重要です。
ウェブサイト経由で予約すると、訪問当日はスタッフが内部を丁寧に案内してくれます。
実際にモデルハウスを訪れるときには、事前に質問内容を整理するのがポイントです。
前もってハウスメーカーの担当者に質問事項を伝えると、当日は疑問点を解決しながら建物内部を見ることができます。
ほぼ毎日見学できるモデルハウスでも、時期によっては混雑することもあります。
施工会社のウェブで混雑状況を調べると、最適なタイミングで内部を見ることができます。

モデルハウスに関する情報サイト
モデルハウスの基本

こちらのサイトは、注文住宅で家を建てるとき多くの人々が利用する住宅展示場にあるモデルハウスの基本を幅広くご紹介しています。一般的に、住宅展示場はある程度家づくりの情報を集めてから出かけることで、見学するべきポイントや出かける際に持参すべきものの種類などを把握することができるようになります。また、家族連れで出掛けるとお子さんにはプレゼントが用意されていることも多いので週末などを利用して全員で出掛けるのもおすすめです。

Search